毎冬、寒さと冷えから体調を崩してしまう私。 特にお腹はデリケートになりました。 そして疲れはいつも目からくるようにもなりました。 そんな私を救ってくれたのが、花紬さんお手製の小豆&米ぬかカイロ!! お腹用は米ぬかで、目元用は小豆で作られています。 花紬さんは、もともとお知り合いの鍼灸院に頼まれて手作りカイロを作っていらっしゃったのですが、冷えを恐れる私を案じて贈ってくださったのがきっかけでした。 使い方は簡単で、電子レンジでチン!するだけ。 お腹用は、ふわーっと甘い米ぬかの香りと柔らかな感触がお腹をじんわり温めてくれます。 米ぬかは体のラインに馴染んでくれるので、芯からポカポカになります。 経験したことないような気持ちよさ!! もちろん、お腹だけでなく、喉や首、背中やお尻を温めて、と使い方は自由です。

なぜこのカイロを薦めるかというと、ちょうどいいタイミングで冷めるからです。 長時間温めるというのは体に負担になるということを聞きました。 徐々に冷めるというのがいいらしいのです。 そしてアイマスクとして使っていただきたい小豆カイロ。 目を温めると視神経が弛み心地よい睡眠へと誘われます。 むくみもとれますし、疲れがとれますよ。 それととっておきの使い方があるのです。 ここからはちょっと女性限定の話しになりますが、生理痛など子宮周りの健康に悩んでいる方は、このカイロに薄い布を巻いて、下着の上からナプキンのように使っていただくのもお勧めです。 米ぬかカイロをお腹にのせてWで使用すればホカホカになって顔色がよくなります。 韓国でもヨモギ蒸しというものが昔からありますし、子宮温活は女性のテーマですね。

今回、私の快適健康グッズを皆様にもお勧めしたく花紬さんにお願いして、カイロを作っていただきました。 花紬さんのカイロは全て手縫いなので、とても手間隙かかるのですが手縫いにしか出せない優しい風合い、その一針一針に愛情が籠められています。 そして生地は、私が知る限り最高級のオーガニックコットンを扱うお店「プリスティン」さんの肌触りのよいオーガニックコットンを使わせていただきました。 本体カバーには最も滑らかな肌馴染みのよいオーガニックコットン。 外側カバーにはサラッとした肌触りのオーガニックコットンを使用しています。 その日の疲れと冷えはその日のうちに取っていただいて、皆様の毎日が健やかでありますように願っています。

商品