長艸繡巧房

能衣装や着物、帯などの作品のほか、祇園祭の水引幕の復元新調や各地の祭事の装飾品の修復・復元まで行う、京繡の第一人者である長艸敏明さんと長艸純恵さん、娘の賀奈子さん。羽田美智子と「長艸繡巧房」の出会いは、20年以上前に遡ります。「ざっくばらんで、気さく」だという、長艸家の意外な素顔から、一針ひと針、想いが込められた長艸作品の魅力に迫りました。

「本当にここは京都なの!?」と驚いた、羽田美智子と長艸家の出会い。

  • 羽田 とある編集部の方から「羽田さんに絶対紹介したい人がいるから、一緒に行きましょうよ」って連れてきていただいたのが、長艸先生のお宅だったんです。
  • 賀奈子 私が学生の頃だったから、20年くらい前だっけ。
  • 羽田 そうそう!かなちゃんとは、会った日にすっかり意気投合したよね。この家は、少し変わってるんですよ。普通、京都の人は、初めてのお客様は玄関までしか通さない。2回目に来たら次の間に通して…って、心を許した人だけ、庭が見える奥の間に通すという段階があるようなんです。だから、京都のお宅は"うなぎの寝床"と言われる、細長いつくりになっているっていう俗説まであるんですよね。
  • 敏明 へぇ、そうなんやぁ~。
  • 羽田 そうみたいですよ。そのくらい、京都の人がお腹を開いて人を迎えるのは、珍しいって聞きました。ゆっくり、ゆっくり、付き合わなければいけない。でもこの家は「どうぞ~」って、初日に奥の部屋に入れて頂いて、コロッケまでご馳走になって…そのまま昼寝しちゃいそうな勢いで(笑)。「本当にここは京都なの!?」って驚きました。最も敷居が高いはずのお仕事をされているのに、敷居が無いんですよね。
  • 敏明 な~んにも、無いのよ。
  • 羽田 ざっくばらんで、気さくで、とても良くしていただいて。それから「京都にいるんやったら、遊びにいらっしゃい」ってお言葉に甘えて、事あるごとにお邪魔させていただいて。イタリアから友達が来たときも、長艸家にお電話したら「いつでもいらっしゃい」って言ってくださって。能舞台に連れて行ってくださったり、色々と案内していただいて、友達も大喜びでした。
  • 賀奈子 そうそうそう!銀閣寺とかまわったなぁ。
  • 羽田 私の初舞台のときには、かなちゃんが楽屋のれんを作ってくれたよね。人から頂いたのれんを楽屋にかけるっていう、舞台のしきたりがあるんですけど、なかなか頼みにくいじゃないですか。そしたら、舞台があく3日前ぐらいに、「私が初めて作った刺繍作品やし、急いで作ったし、堪忍な」って、かなちゃんが送ってくれて。”ローズマリー”っていう役だったから、バラ模様の3枚つづりで、すごく綺麗なのれんを…、それを見た時は泣いちゃったな。
  • 賀奈子 そうやったね。私の結婚式のときにも、持ってきてくれたよね。
  • 羽田 かなちゃんが一生懸命に作ってくれた感じが、たまらなく嬉しかったな。
  • 純恵 刺繍ってそういうことやもんね。ひと針、ひと針、想いを込めるっていう。
  • 羽田 そうですね!のれん全体から、想いが伝わってくる感じがあって。それが、私にとって初めての"長艸作品"です。その次は、先生たちがプレゼントしてくださった、白鷺のお着物。今も大切にさせていただいてます。
  • 純恵 ちょっと地味やったかもしれないね(笑)。
  • 羽田 そんなことないです!60歳、70歳、死ぬまでずっと着られるようなお着物なんです。私だけじゃなく、親戚の叔母さんや義理の姉、みんなで着てるんですよ。
  • 純恵 あら、みんなで着てくれはってるん!それは嬉しい。
  • 敏明 良かったなぁ。
  • 羽田 その翌年に、雪の結晶の帯を作ってくださったんです。それは、銀糸が入った黒い帯で。鴨川に白鷺が立っているイメージで、その様子が私っぽいから、って。冬も夏も1年中使えて、ものすごく重宝しているんですよ。それから、またしばらくして…って、私、どれだけ頂いてるんだろう(笑)。
  • 羽田 え~、そうやったっけな、そんなにあげてたっけな(笑)。

長艸繡巧房

プレゼント用にも、自分用にも、1つあれば一生モノに!送る人の想いが伝わる、長艸工房特製の包袱紗と名刺入れ。

  • 羽田 そして、この包袱紗と名刺入れですよ!
  • 純恵 こういうんが世の中にあるって知っていただけるだけで、生きがいになって嬉しいね。
  • 敏明 人に勧められるでしょ。そういうんが大事やと思う。
  • 羽田 例えば、お嫁にいくお嬢さまへのプレゼントとしてもいいですよね。これ1つあれば重宝しますし。もちろん、自分用に買っても、一生モノになります。私は「貝あわせ」の包袱紗を使わせていただいています。
  • 敏明 うちの名刺入れを持ってから、金運がアップしたっていう方もおるんですよ。
  • 羽田 え~!!すごいですね!
  • 純恵 あるお客さまが、お世話になった会社の方にプレゼントしはったんですよ。「(お世話になった方が)思いっきり儲かりそうなん作ってください!」って言われてね。
  • 敏明 その名刺入れをもらった方に、仕事がどんどん入ってきたって。噂を聞いた他のお客様から「僕も欲しい」って言われましたよ。
  • 羽田 持つ方の運気を上げてらっしゃるんですね。
  • 敏明 うちは作ってるだけなんやけどね(笑)。

長艸繡巧房

「刺繍は祈り」一針ひと針、想いを込めて。

  • 羽田 京繡っていうのはどういうものか、伝えていきたいですね。
  • 純恵 普段はどちらかといえば、文化財の修復とか復元をメインにやってるんです。
  • 羽田 能装束の衣装や、祇園祭の水引幕の修復・復元までされてますよね!
  • 純恵 結構範囲が広いんですよ。着物だけじゃなくて舞台衣装もやるし、インテリア、タペストリー、掛け軸、屏風…幅広くやってますね。

長艸繡巧房

  • 敏明 刺繍の原点は、もともと「繍仏(しゅうぶつ)」って、飛鳥時代に”仏さん”を繍うところから始まってるんや。奈良の都で、渡来人が刺繍をやり始めて、仏さんばっかり繍ってた。つまり、刺繍っていうのは、祈りから入ってきてるんやで。
  • 羽田 「刺繍は祈り」ですか。
  • 敏明 鎌倉時代には、亡くなった方の髪の毛を、仏さんの胸の中に入れて刺繍したり。ほれ、第二次世界大戦の時は、腹に"弾除け"いうて…
  • 羽田 「千人針」ですね。確かに、刺繍と念じることは繋がっていますね。
  • 敏明 だから、我々のような刺繍屋は、いい気持ち、いい心構えで刺繍をしないといけない。「これ、なんぼになんねん」って言うてやってたら、駄目やっていう。
  • 羽田 なるほど!さっき仰っていた名刺入れのエピソードも、気持ちをこめて繍われたから、後押しになったということですよね。
  • 純恵 贈る側の人の気持ちも大切ですね。

長艸繡巧房

  • 敏明 伝統的なもんには、心構えっていうのが、ちゃんとあって。お茶の言葉でいう「不易流行(ふえきりゅうこう)」やないけど、"不易"、つまり、全然変わらないものと、"流行"するものと、両方合わせていかなければいけない。伝統の技術を自分の底辺に置いておいて、「世間は何が流行ってるんや、どういう状態なんや」ってことを、気にしなければならない。
  • 羽田 伝統を大切にしながら、流行にも敏感にならなくてはならない。
  • 敏明 例えば、色なんかでも「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」っていうくらい、たくさん種類がある。色を選んで、柄はどんなんで、どういう刺繍をするか、どういう金箔を置くかっていうのを、我々はプロデュースして作っていくんです。
  • 純恵 まず、繍うものに合わせて、糸から自分たちでつくるの。とっても原始的でしょう(笑)。
  • 羽田 へぇ~!この作業が、まず大変そうですね。目も疲れそう…!
  • 純恵 こうやってね、手の感覚で覚えていくの。手が荒れていると引っかかってしまうから、手を大事にします。簡単そうに見えるかもしれないけど、結構難しいんですよ。

長艸繡巧房

長艸繡巧房

  • 羽田 「桃栗三年…」って言いますけど、これは「糸縒り三年」ですね。
  • 純恵 まさしくそのとおり!3年経っても、何年経っても、糸は難しいです。創作は、自分の表現を突き詰めていくことですからね。糸ひとつひとつが、自分なりの表現に繋がっています。
  • 羽田 長艸繡巧房の作品は、色がとても素敵ですよね。
  • 純恵 うちはもともと、注文があってから作るオートクチュールだったんですよ。だから、「ほかと色が違う」って、よく言われますね。仕入れの色とは違う、うちが長年かけてつくってきた、他では出せない色なんです。「色見本が欲しい」なんて言われたりしますね。
  • 純恵 例えば、人がずーっと向こう側から歩いてきたときに、最初に「何色か」って認識するでしょ。だんだん近づいてきてようやく、柄、刺繍、金箔とかが見えますね。だから、色は非常に大事なんです。着てるモノによって、人の印象ってガラッと変わるでしょ。特に、京都の人はそういう目線が厳しいから。
  • 羽田 京都の人は、昔からいいものを見てますものね。そういうときに、長艸先生の作品を身に着けていると、自信を持てますよ。やっぱり品が良いですから。
  • 純恵 僕らは主役じゃない、どこまでいっても、物作ってる人は脇役やねん。主役をどういうふうに引き立てるかっていうことを、いつも大切にしています。

長艸繡巧房

商品

長艸繡巧房

長艸繡巧房

小豆島ヘルシーランド

小豆島ヘルシーランド

やまひら醤油

やまひら醤油

サンコウフーズ

サンコウフーズ

千鳥屋糸島別荘

千鳥屋糸島別荘

庄分酢

庄分酢

徳永水産

徳永水産

M's aroma

M's aroma

無添加 漬物処 菜香や

無添加 漬物処 菜香や

お米と暮らし ヘルシアプラス

お米と暮らし ヘルシアプラス

対談

長艸繡巧房

長艸繡巧房

小豆島ヘルシーランド

小豆島ヘルシーランド

やまひら醤油

やまひら醤油

サンコウフーズ

サンコウフーズ

しょうぶん

千鳥屋糸島別荘

しょうぶん

庄分酢

徳永水産

徳永水産

M's aroma revive

M's aroma

玄米ごはん

無添加 漬物処 菜香や

サンコウフーズ

お米と暮らし ヘルシアプラス